So-net無料ブログ作成

THE KING OF Kawasaki [KAWASAKI]

2717_1024.jpg

車だの、バイクなど、無暗に欲しいなんて言うものじゃない。
まー、ビンテージフェラーリが欲しいとか、ブガッティに乗ってみたいなど言ったところで
縁がある訳じゃないが、手の届く範囲であればある日突然やってきたりする。

2715_1024.jpg

土曜の昼前に「某オークションに出てるぞ」と、とある6気筒乗りの友人から連絡があり、
昼過ぎにコンタクト。休日出勤していたが18時には切り上げて社宅に戻り、
連絡を取る。
「明日現車確認可能でしょうか?」
大丈夫とのことで、飯食って風呂入って出発。
高松の自宅に着いたのは午前2時。

翌朝、ありったけの現金をかき集めて隣の県に軽空母で向かい、現車確認。
その場で即決してこの重爆撃機みたいな巨大な奴をお持ち帰りしてしまった。
3人がかりで汗だくになって着艦。

帰りの高速では坂道で失速する有様。エアコンを切って頑張ってみるも、80キープしかねる。
乾燥300キロの車重は嘘じゃ無さそうだ。

2716_1024.jpg

その足でとんぼ帰りして、いつもお世話になってるバイク屋に直行。
今度も2人がかりで何とか引きずり降ろす。
「一通り整備して車検受けて」
とだけ告げて、また和歌山に戻った。
到着は午前1時。

ふー、こんな強行軍はそろそろキツイな。


それにしてもデカい。
跨ってみると、両足がかろうじてつま先が届く程度。
リアサスペンションのエアを入れたらおそらく届かないだろう。

THE KING OF Kawasaki

Kawasaki ZG1300だ。

フレームナンバーからすると、モデルはA3の終わりかA4と思われる。
多分1988年式。
メーターがマイル表示なので仕向地はUKの模様。
初年度登録は平成元年なので、新車で日本に帰ってきたうちの1台だろう。
元号が変わった直後に登録され、また元号が変わった直後にここに来た。
次の元号になるまで付き合うか。

nice!(0)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。