So-net無料ブログ作成
その他機械モノ ブログトップ

プロトレック [その他機械モノ]

男たるもの、乗り物や機械に興味を示さないでどうする・・・
と、誰かに言われたような気がするが、心配御無用。

自動車、オートバイはもとより、三輪車から飛行機、船、ロケットに至るまで何でも好きである。
機械については、工場のラインが好きかと聞かれれば微妙だが、カメラやラジオ、
およそ「機械」と付くものは大抵興味の対象だ。
殆ど職業病というか、病気だからエンジニアになったのかもしれない。
・・・と最近は思うようになってきた。

何を今更と言いたい御仁も居られると思われるが、実は時計も好きである。

特にアナログの、ぜんまいで動く機械式が好きだが、デジタルもそれなりに好きだ。
使う状況によるが、時計の上下位置関係がはっきりしない状況下でとっさに読み取るには
デジタルが良い。
バイクや自転車、ヨットなどに乗る際はデジタルが優れていると感じている。

なので、愛用はカシオのプロトレックだ。

残念なことに、ベルトの留め金具が破損して、そのまま引き出しの奥にしまわれて
もう2年ほどになる。

知り合いに聞くところによると、10年も前の時計の部品は無いだろうとの事。
デッドストックを探すか、現行の新型に移行するか悩んでいたが、迷ったらググってみるものだ。
あっさりベルトと金物一式が通販で買えたではないか。

私のプロトレックは10年ほど前に買ったPRW1000Jというモデルだ。
ごつい外観と大きな表示が気に入っている。
これを、ジャケットの上から装着すると、バイクに乗っていても時間を読むことができる。
デジタル時計は実用してナンボだ。

P8121381.JPG

調達した部品はバンド、バネ、サキカンカバー、バンドピースである。

P8121382.JPG

使わなくなった主原因はこれ。
サキカンカバーの端が欠損してバネ棒が飛び出してくるのだ。

P8121384.JPG

さて、交換作業に移ろう。
裏蓋が開く直前まで分解する。かなりバッチイ。
かなりヘビーな使い方をしていたので、汚れ放題だ。

バラした部品と本体を、使い古しの歯ブラシを使ってぬるま湯で念入りに洗浄する。
カシオのいいところは防水がしっかりしていて丸洗いできるところだ。
残った汚れは爪楊枝で丹念に除去する。

トリプルセンサーのカバーの内側についている目の細かい網も、細い針で突いて
完全にクリーニングした。できれば超音波洗浄機が欲しいところだ。

P8121385.JPG

部品は来たものの、微妙に違う。
なんかグレーになって、文字が印刷からエッチングになった。
モデル違いなのかどうか不明。

P8121386.JPG

洗浄して乾燥させたら組立に入る。TOUGH SOLARと書かれたピースは両面テープで
貼り付けられていた。薄手の両面テープを適当に切って貼りなおす。
部品をはめ込み、細いビスを締め付けるだけ。
バンドピースとサキカンカバーは12時側と6時側の区別がある。
バネ棒も時計側とバンド側の区別があるようだ。
間違えないように袋に入れて管理。

P8121387.JPGP8121388.JPG

組立完了。
これで現役復帰だ。

バンドの金具を見比べると、買った当時のものはインドネシアと書かれているが、
今回交換した部品にはタイランドとある。モールドも材質も似てはいるが、別物だ。

今度は大事に使おう。
以前は24時間付けっ放しだったが、これを仕舞い込んでから時計をする習慣が
無くなってしまった。久しぶりに付けてみたプロトレックは重く、嵩張る感じがする。
袖やグローブの上から装着すると、きっと良いだろう。

その他機械モノ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。